【レビュー】DHC潤米(URUMAI)ソープ使用感感想

スポンサーリンク

レビューを書く条件で商品プレゼント企画があったので応募しましたら、抽選でDHCの洗顔ソープが当たりました!

やったぜ\(^o^)/

なので早速レビュー記事書いていきたいと思います~。レビューの締め切り今日なんすよ。

※当記事は商品の提供をいただいた上で執筆しております。

スポンサーリンク

DHC潤米(URUMAI)ソープが当たりました

当たったのはこちら。

DHC潤米(URUMAI)ソープ

読み方「じゅんまい」じゃなくて「うるまい」みたいです。

じゅんまいの方がキャッチーでは・・・???

「DHC潤米(URUMAI)ソープ」使ってみた感想。

泡立ち

普段泡立てネットとか使わずに手で泡だてているんですが、キメ細かな泡になるのが早いです。

いつも使っている石鹸の泡だてはいったん大きめの泡が手に広がって、そこから丁寧に泡を研いでいくイメージで泡だてていくとキメ細やかな泡になるのですが、潤米ソープは手に広がった時点でいつも顔に当てるくらいの細かな泡になりました。

形がしずく型?お米型???なのが手にフィットして泡立ちやすいのかもしれません。

香り

主成分がお米推しなのと石鹸自体が茶色いので匂い癖ありそう~、と警戒したのですが無臭でした。

DHCはあんまり余計なものを入れないので、良くも悪くも材料のそのままの匂い(DHCのリップクリーム、潤うのでよく使っているのですが、それは慣れるまでちょっと粘土っぽい匂いがします・・・)があるかと心配していましたが匂いの問題はまったく無し!

ただ逆に良い香りもしませんが、それがDHCっぽくて良いです。

使用感

やはり泡がキメ細かいからか、汚れがしっかり落ちた感じがします。
ですがいろんなものが落ち過ぎてキシキシするような感じは全くなく、洗顔後の肌の感じはすべすべしていて、さっぱり感としっとり感のバランスが程良いです。

毛穴も気持ちすっきりしたような・・・?(成分に毛穴を引き締め、なめらかに整える柿タンニンが入ってました)

成分が天然由来100%なので、汚れはしっかり落としても必要以上に油分を持っていかない感じ。
肌質がオイリーじゃない、優しめの洗顔が好きな方に合うと思います。

使って観てイマイチな点

DHCの石鹸、やたら目に染みません???

目に入らないように洗顔せぇよ!って話なのですが、この潤米ソープ以外にDHCの洗顔石鹸はオリーブソープマイルドソープ使ったことあるんですが、ことごとく使った時目に染みてる思い出があるんですよね~。

もしかして、石鹸の目に染みる刺激は他のメーカーのソープと一緒で、キメが細かいから瞼の隙間から入り込みやすいとかそういう感じなんでしょうかね???謎です

【余談】

オリーブソープとマイルドソープも洗顔力と使用感が良いのでよく使ってます。(今回の潤米ソープよりは洗い上がりがさっぱり系かも???)

DHCは決められた金額以上買うと好きな試供品くれるのですが、私はいつも試供品のミニオリーブソープ・マイルドソープを選択して旅行時に持って行ってます。洗顔フォームなら少量詰替えで持って行けますが、洗顔石鹸派はそうもいかないのでDHCの試供品ソープはお泊まりに本当にありがたいです^^(余談終わり)

あと、パッケージが紙箱&和紙っぽい個包装なのですが、デザイン落ち着き過ぎぃッ!!

ターゲットは若い子じゃなくて潤いを追い求める我々世代ですね、分かります。

(シンプルで使用感をちゃんと表してる良いデザインなんですよ!?でも10代20代は眼中にない商品スピリットをビシバシ感じますw)

「DHC潤米(URUMAI)ソープ」使ってみた感想まとめ

手で泡立ててすぐにキメ細かい泡をゲットできるところと、汚れはしっかり落ちている感じなのに潤いが残っている使用感が良いです。
天然由来成分100%なのも安心できて◎

油分をガシガシ落としたい人には向かないかもしれませんが、普通肌で洗顔に負担をかけたくないお肌防御志向の方に向いてる洗顔石鹸でした!

【DHC公式サイトで見てみる】DHC潤米(URUMAI)ソープ