自担・推しが映画に出た時の興行収入貢献方法まとめ

スポンサーリンク

自担や推しが映画に出た時、効果的に興行収入に貢献する方法をまとめました!
たくさん見るのが売上貢献になるのは分かっていたのですが、ちょっとしたことに気を付けるとさらに売上貢献できますのでご参考までに。

簡単にまとめますと
公開日の土日に当日券でできるだけ多く観に行こう
ということになります。

スポンサーリンク

映画の売上に貢献する方法

公開土日は当日券で

映画の公開期間などは公開日の土日(金曜公開なら金曜日も)の興行収入によって決定されます。

初動の売上が高いと儲かる映画だということになり、映画館での公開期間や回数、時間など有利になります。

なので貢献の意味では初日は前売り券(1400円)ではなく当日券(1800円)で入った方が効果的です。

逆に公開土日がサービスデーで1,100円の場合は前売り券を使った方が貢献できます。

前売り券の使い方

前売り券は上記の理由で公開日の土日以降に使うのが良いでしょう。

また、前売り券の売上はグッズの生産量の目安になります。

招待券やポイントなどの無料券

こちらは興行収入にカウントされないので売上に貢献したい場合は向いていません。

間接的な売上貢献

映画レビューサイトに感想を投稿する

個人でも映画の感想を投稿できるサイトがたくさんありますので、映画を見た後は映画レビューサイトに感想を投稿して作品を盛り上げましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする