海外でのドライヤー 変圧器(変電器)は必要?100均で何とかなる?

海外でドライヤーを使いたい場合、いろいろややこしいのですが、結論から先に言うと
「変圧器を買うより海外対応のドライヤーを買って持って行ったほうが良い」となります。

「海外対応ドライヤー」Amazon検索結果を見てみる
「海外対応ドライヤー」楽天市場検索結果を見てみる

以下その理由を価格面重視で解説していきますね。

スポンサーリンク

変圧器が必要ない理由

ドライヤーを変圧器をつないで使ってもと熱風が出ないこともある

まずお持ちのドライヤーが海外対応出ない場合、必ず変圧器が必要になります。(電圧が日本は100V、海外は220Vのため)

その上ドライヤーは家電製品でも高い1200W程度必要になるので、変電機の性能が追いついていないと熱風が出なかったり、最悪故障することもあります。

変圧器と安めの海外対応ドライヤーの値段

変圧器はだいたい4,000円前後(これより以上に安い場合はただの変換プラグの可能性あり)、海外対応ドライヤーは安いものだと2000円前後からあります。

「変圧器」Amazon検索結果を見てみる
「変圧器」楽天市場検索結果を見てみる

「海外対応ドライヤー」Amazon検索結果を見てみる
「海外対応ドライヤー」楽天市場検索結果を見てみる

ドライヤー以外で海外に持って行く電化製品(パソコン、スマホの充電器など)はそのまま使える海外対応のものがほとんどです
ドライヤーのためだけに変圧器を買う予定でしたらドライヤーのみ海外対応のものを購入した方が安上がりです。

海外のコンセントの形に注意

日本はコンセントA型ですが行く国によってはいろいろな形がありますので「国名+コンセント」で検索をかけておきましょう。
A型ではない場合変換プラグが必要です。


変換プラグは100均でも売っていますのでチェックしてみてください。

「変換プラグ」Amazon検索結果を見てみる
「変換プラグ」楽天市場検索結果を見てみる

まとめ

海外旅行でドライヤーを使いたい場合、海外対応のドライヤーと旅行先の国のコンセントにあった変換プラグを用意しましょう!

あと、海外のwifi契約も忘れがちです。
wifiの当日契約は事前予約よりも損しますよ。
海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】を見てみる

ダイソーが変電器売ってる!と購入したらただの変換プラグだった。だけどそれで問題なかったぜ!
ただ今中国に出張しております大福です?(^o^)/ 中国のインターネットはいろいろと不便(google、twitter見れない)ですが...
スポンサーリンク

ジャニオタが損する記事

ハピタス使ってないジャニオタはずっと損してる【節約術】
ナゼ オマエハ ハピタス ツカワナイ・・・(知人に向かって) ハピタスってなんぞ?と言われたらそのサイト経由で買い物したりサー...

シェアする

フォローする